融資というリスク

支払い手段 どんな商品とも確実に交換でき、支払いを済ませられる手段。
お金は、こうした不便を解消し、取引にかかる手間や時間を削減しています。

 

 具体的にいえば、経済活動において避けられない融資というリスクを、銀行が預金や融資や決済業務を通じて経済の血液ともいえる資金を流通させ、信用創造を行なうことによって引き受けているということである。
お金は腐ったり、古くなって壊れたりしないので、価値を貯えておくことができます。

 

なお、これら3つの役割が十分に発揮されるためには、通貨価値(物価)の安定が不可欠です。
 つまり、銀行(銀行員) は、「お客さま (社会・法人・個人) のために何ができるのか」という自らへの問いかけを常に忘れてはならないし、「社会に貢献できる仕事に携わっているのだ」という、その「社会的役割」と「公共的使命」を常に意識して、日日の信用創造業務に励むことが垂要なのである。
通貨のこの機能が「臍繰」を享昔いるわけです。

 

価値貯蔵手段現在の購買力を、後来に貯えておく手段としての役割です。
物々交換では、相手と自分の欲しいモノが二敦しなければ、交換が成立しません。

融資というリスク関連ページ

リスク
リスク住宅ローンなど
モデルルーム
モデルルームと住宅ローン